home ≫ 研究会活動 ≫ 家族子育て研究会 ≫ 刊行物・書籍 ≫ 書籍 ≫ いっしょに育てたらええねん ~学童保育における子育て・家族支援~

いっしょに育てたらええねん ~学童保育における子育て・家族支援~

いっしょに育てたらええねん 一般社団法人 日本学童保育士協会
学童保育における子育て・家族支援研究会 編
日本機関紙出版センター 発行

 定価(1500円+税)

はしがきより (抜粋) 伊部恭子 (佛教大学 教授)
~学童保育における「子育て・家族支援研究会」は学童保育専門性研究会 (現在は一般社団法人日本学童保育士協会の専門性研究会の一つ)として、2004年11月に誕生しました。日々の実践を積み重ねるなかで、子どもへの支援とともに、子育てをしている保護者を支えていくことを大切にしたいという指導員の思いが“公け” になった瞬間です。指導員の仕事の要として「子育て・家族支援」を位置づけ、それを ”見える化” (可視化)し、悩みや葛藤を抱えながらも何とか実践力を高めていきたい、様々な実践の工夫や成果、課題、可能性を共有していきたいと考える指導員が集った瞬間でもありました。~

はしがき           伊部 恭子
第1章 指導員と保護者の関りを築く上で大切にしたいこと
植田 章 ( 佛教大学 教授、一般社団法人 日本学童保育士協会代表理事)
第2章 私たちが大切にしてきた八つの基本的視点
伊藤 真美子 ( 大阪学童保育連絡協議会 )
第3章 一緒に育てたらええねんー保護者とともに子育てを支える私たちの実践
村上 晶代 (石川)・森岡 恵治 (大阪)・福 武利 (大阪)・清都ひさ子 (京都)・田中 敬子 (滋賀)・舘 優子 (大阪)
あとがき            伊部 恭子

 

 



TOP